2017年08月24日

下町風俗資料館その2(お盆の東京観光その8)

Ptksfsn.jpg

下町風俗資料館、2階に上がってきました。台東区を中心とした下町地域の資料展示があります。浅草十二階、凌雲閣!関東大震災で崩落しました。デパートみたいな建物だったんですねえ。

Ptksfsn0.jpg

昔の玩具の展示。コマやけん玉などもあります。私は幼稚園の頃コマ回しの名人だったので、父が持ってたベーゴマも一発で回しました。

Ptksfsn1.jpg

この木の鉄棒人形、実家にあったなあ。

Ptksfsn2.jpg

企画展示は「下町の学び舎 机に広がる教科書と思い出」です。9月3日までやってます。

Ptksfsn3.jpg

昭和初期のランドセル。

Ptksfsn4.jpg

ブルマーにお弁当箱。お弁当箱はちょっと新しめで昭和30年代。

Ptksfsn5.jpg

昭和初期の教科書。これの復刻版、実家にあります。父が持っていたものを子供の頃よく読んでました。小学校に教材として1日持って行ったらクラスの男子が表紙ちょっと破いて私が父に怒られたんだった。男子ってどうして読むだけなのに本破けるの?謎。

Ptksfsn6.jpg

筆箱、クレヨン、紙石盤!?

Ptksfsn7.jpg

マンガでしか見たことないけどDDT!DDTは使わないけど、小学生の頃、一応シラミチェックやってました。

Ptksfsn8.jpg

東京市と書かれている通り、父も母も蝿捕りデーは知らないと言っていました。でも二人共ガラス製棒型蝿捕り器には反応。意外とよく捕れるそうです。

Ptksfsn9.jpg

戦時中のものもたくさんありました。ダイヤモンドゲーム、進軍ゲームって呼んでたんだなあ。

Ptksfsnj0.jpg

ウールの水着。父は何かわからず、母は嬉しそうに「あー、水着」と見てました。

Ptksfsnj1.jpg

こちらは実際に台東区で使われていた銭湯の番台。

Ptksfsnj2.jpg

体重計とかカゴとか。

Ptksfsnj3.jpg

母がベビーベッドを見て、銭湯には自分がお風呂に入っている間、赤ちゃんを見ていてくれる女の人がいたという話をしていました。

Ptksfsnj5.jpg

その横には昭和に入っての部屋が再現されていました。こういうミシンはダンナ実家にあります。うちにもあったけど、処分しちゃった。

Ptksfsnj6.jpg

テレビ。

Ptksfsnj4.jpg

ラジオとか黒電話とか。このあたりはまだ馴染みがあります。

Ptksfsnj7.jpg

流しに炊飯器、魔法瓶、トースター、焼き網におひつ。かかってる布巾から窓の鍵からいい感じ。部屋の中央にはもちろんちゃぶ台がありました。

ここ、本当に楽しかったです。調子に乗って写真を撮りまくりましたが、これでもまだほんの一部なのでぜひ皆さん行ってほしいです。こういうのを嫌がらずに一緒に見てくれるダンナで良かったですw
ここの別館扱いで、お酒屋さんをまるまる一軒残している場所もあります。写真だけですが、店内に並んでいる樽が白鷹・白雪・松竹梅など。やっぱりお酒は関西なんだな〜。

お役にたてましたらbanner_04.gif人気blogランキングをクリックお願いします♪
posted by 雫 at 23:07| 兵庫 ☁| Comment(0) | 過去の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

exclamation記事で紹介している価格、住所等は掲載当時のものです。現在、閉店情報などの追記ができておりません。