2017年08月23日

下町風俗資料館その1(お盆の東京観光その7)

Ptksf.jpg

「大正12年の関東大震災、昭和20年の戦災によって江戸の名残りはほとんどその面影をなくし、街はすっかり様変わり。古き良き下町の文化が失われつつあることに憂いの声が上がり、庶民の歴史である下町の大切な記憶を次の世代へ伝えるための資料館設立の構想が生まれた」
もう案内を見るからに私が好きそうな施設!下町風俗資料館です。不忍池畔にあります。

Ptksf0.jpg

1階は大正時代の下町を再現しています。一般は300円。入館料を払って受付の目の前にあるのが自働電話。自動じゃなく自働が訳として正しいと。

Ptksf1.jpg

中に電話もちゃんとあります。

Ptksf2.jpg

呉服屋さんの箱車。桐箪笥の中の引き出しみたい。

Ptksf3.jpg

大八車。

Ptksf4.jpg

こちらは人力車。

Ptksf5.jpg

鼻緒屋さんを再現。

Ptksf6.jpg

店先の朝顔。入谷の朝顔市で買ったのかなあ。

Ptksf7.jpg

鼻緒がずらっと。

Ptksf8.jpg

帳場と招き猫。

Ptksf10.jpg

箱階段。

Ptksf9.jpg

うちの親にも写真を見せていたのですが、昔はみんなこんな時計だったなーと。

Ptksfs.jpg

外には井戸端。

Ptksfs1.jpg

街灯。これは父が懐かしいと。父は昭和ひと桁生まれなので、大正の文化にまだ近い時代を知ってるのかな。

Ptksfs0.jpg

洗張。こういう写真には母の方が反応しました。ほおずきは浅草のほおずき市で買ってきたかな?

Ptksfs2.jpg

駄菓子屋さん。お菓子は新しいものが多かった。

Ptksfs3.jpg

夏だからラムネ。季節によっていろいろ演出も変わるっぽい。

Ptksfs4.jpg

駄菓子屋さんの中は住居になっています。梅干しが入ってそうな壺。

Ptksfs6.jpg

水屋かなあ。本当に使われた調度品。

Ptksfs5.jpg

ものにもよりますが、触っていいものが多かったです。

Ptksfs7.jpg

小唄のお師匠さん。中から声が聞こえてきます。洗濯物の干されてる感じもいい。

Ptksfs8.jpg

風鈴屋台。季節感あります。

Ptksfs9.jpg

こちらも長屋の職人の家。私がわからないものも親に聞いたらすぐわかります。これは長火鉢。

Ptksfs10.jpg

長屋の裏側。私は撮りながら何も気が付かなかったけど、両親揃って「トイレ」って。手水器がぶら下がってます。ここ、扉開けてみたらよかった〜。なにげに板塀も懐かしいな。

次は2階の展示です。

お役にたてましたらbanner_04.gif人気blogランキングをクリックお願いします♪
posted by 雫 at 15:20| 兵庫 ☁| Comment(2) | 過去の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
手水器!!

うちのトイレにもあった! プラスチック製でしたが。
西向きのトイレだったので夏はお湯が出た(笑)。

探すと,いまだに売ってるんですねぇ。
需要あんのかな?
Posted by ピイ at 2017年08月24日 08:36
ピイさん
うちは私が物心ついた頃には水洗だったし、汲み取りだった親戚の家にも手水器はなかったです。おかげでスルーしてしまいました。

検索したらバルコニーの植木に水をやるのにちょうどいいと書かれてる人がいましたw
Posted by 雫 at 2017年08月24日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

exclamation記事で紹介している価格、住所等は掲載当時のものです。現在、閉店情報などの追記ができておりません。