2013年09月14日

京都「有頂天家族」ぶらぶら その4

Pbonbon11.jpg

「有頂天家族」1話にも描かれていた手書き感あふれる古本まつりの看板。文字の色とかちょっと違いますが雰囲気はそのまま。第25回と描かれてたけど、去年は青色だったのかな?

Ptadasu.jpg

矢四郎が犬に吠えられてしっぽ出ちゃったのがあの幟の辺り。

Ptadasu2.jpg

糺の森の清流。狸の矢三郎が水飲んだりしてたなー。みたらし池からの小川は御手洗川。みたらし団子の由来です。

Ptadasu3.jpg

下鴨神社は通称で賀茂御祖神社といいます。
下鴨神社も式年遷宮を行っていましたが、本殿が国宝に指定されてからは修理をするだけになったそう。

Ptadasu4.jpg

わー!わー!矢三郎が走り回ってる場所!

Ptadasu5.jpg

家族全員の憩いの場!
祭っているのは上賀茂神社の祭神の父と母。父の化身は八咫烏だって!お守りも八咫烏グッズも可愛かった。

Ptadasu6.jpg

それぞれの干支の社にお参りするのね。

Ptadasu7.jpg

ダンナの干支だけ。

Ptadasu8.jpg

古本まつり、ちょこっとのぞいてみました。

Ptadasu9.jpg

猫の本を集めたコーナーがあるお店。これはいい。

そして五山の送り火が始まる前に帰って、KBS京都で中継を見たのでした。夜空に狸の納涼船が浮かんでいるかもしれないと思いつつ。

ダンナは京大の食堂にも行ってみたがってたけど、淀川先生の学校なら行ってみてもよかったなー。その2で紹介した同志社大学は有栖川有栖の作品の出てくる大学のモデルですが、探偵役は北白川在住の設定。本当は北大路と書きたかったのに最初に間違えて北白川と書いてしまったとか。こうして地図を見ても北白川は京大ゾーンですね。



「有頂天家族」の聖地巡礼の記事はリハビリにはちょうど良かったです。以前なら時系列は無視できっちり構成を考えて、紹介文考えて書いてたのですが。今回はだいたい動いた順番通りの写真になってます。紹介も適当です。
お盆、ハルヒとすーも戻ってきてたのかなー。
posted by 雫 at 18:37| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 京阪神語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
exclamation記事で紹介している価格、住所等は掲載当時のものです。現在、閉店情報などの追記ができておりません。