2005年05月18日

阪急今津線〜JR福知山線

親友が篠山の実家に子連れ帰省しているので、会ってきました。

Pkariyon.JPG

西宮北口駅のカリヨン。よく待ち合わせに使っていました。

「すみれの花咲く頃」のメロディーはこのカリヨンの音で覚えました。阪急で学校に通っていた時代もあるのですが、その当時と比べてコンコースも随分変わりました。ビアードパパ、CD屋にアクセサリー屋。ブックファーストがあの頃にあれば、待たされている時間も退屈しないですんだなー。
西宮球場跡は、球場がなくなってみると、そんなに大きくない土地だったんだなーという印象。

私が小さい頃は、今津線は今津から乗りっぱなしで門戸厄神に行けたんだけど。今は一度電車を降りて、コンコースへ上がらなきゃいけないのが面倒です。毎年1月には門戸厄神、清荒神、中山寺とお参りをしたもんでした。
今津駅も阪神・阪急ともに高架になって昔の面影はないし。阪急が急カーブで曲がって阪神と平行になった駅で、乗り換えは地下通路があったなー。

今津線、宝塚方面行きに降りるとちょうど電車がついたところで、ものすごい沢山の人が降りてきました。JRの振替の分増えてるんですね。これから乗る人もそれなりに多かったけど。
宝塚が近づくとファミリーランドが見えてきます。大劇場はもちろんそのままだし、他の建物がそのまま残っていたりしてちょっと物悲しい。


JR宝塚駅のホームが様変わりしていました。仮設の駅みたいな床、柱、庇。深く考えずに来ていた電車に乗りました。よく見たら、今までの福知山方面行きの線路上に仮設の床を作って、列車は大阪方面行きの線路に停まっていました。今は宝塚駅で折返し運転をしているので大阪方面行きの線路は必要ないし、電車の本数が減って大混雑するためホームを広く取った、ということだと思います。
各駅停車のみ、30分に1本です。ラッシュ時にはもう少し増えるみたいですが。

篠山に行く時はいつも快速に乗っていたので、各駅停車は初めての体験です。温泉のある武田尾、駅の手前の景色がきれいでした。
写真に撮ろうと思っても、すぐ景色はゆき過ぎてトンネルに入っちゃったり。やっと撮れた道場駅手前の景色。いまいちだった……。
Pdojo.JPG

今回は新三田駅で下車。車で迎えに来てもらいます。待っている間に撮った新三田駅周辺。

Pekimei.JPG Phome.JPG

右は電車の停まっているホームを撮ったけど、アップにしすぎてよく分からなくなってる。

Protari.JPG 

駅前のロータリー。送り迎えの車がガンガン来ます。

続きの篠山についてはまた書きます。この記事、カテゴリを「京阪神いろいろ」にしちゃったけど、三田や篠山は既に京阪神じゃないなあ。

お役にたてましたらbanner_04.gif人気blogランキングをクリックお願いします♪この他の京阪神についての記事は左のカテゴリから「京阪神いろいろ」へどうぞ。
posted by 雫 at 05:46| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京阪神語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
exclamation記事で紹介している価格、住所等は掲載当時のものです。現在、閉店情報などの追記ができておりません。