2013年02月28日

ああ、気がついたら1ヶ月たっている。

後悔はしていないけど、懺悔はしたい気分なのだ。住み慣れたおうちで逝きたかったろうに。
知らない場所においていかれて不安で苦しかったろうに。
そんな最期、そばにいてやれなかったことばかり考えて、精神的に病む直前まで行った気がします。

今はあまり考えないようにしています。写真も見ない。新しい趣味に夢中になろう。
忘れたいわけじゃないんだけど。

マギ様が「あたしは年寄りなのよ!クヨクヨする前にあたしをいたわりなさいよ!」という感じで歯肉炎を起こしたので、強制給餌ではないけど、ごはん介助をしています。
マギ様が距離をつめてきています。膝にも乗ってくる。軽いなあ。
posted by 雫 at 21:59| 兵庫 | Comment(16) | TrackBack(0) | ネコと日常日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの5匹のにゃんずのうち、一番おねえさん猫だった子が昨年の9月に逝きました。
もう何日もつかわからない状態だったのに、私はその日仕事に行き、気になったので家に電話をしたときには子供が死んでいる猫を見つけた後でした。

何度も何度も仕事に行ったことを後悔しました。
今でも悔やまれてしかたありません。

最後までお世話したかったです・・・。
Posted by ゆき at 2013年02月28日 22:43
ゆきさん
病院に連れて行っていなければ、もっと後悔しただろうと思っています。でもそれはこちらのエゴで、すーたんは家にいたかっただろうと思います。

最後まで一緒にいたかったという思いだけが行き場がなくなっています。
Posted by 雫 at 2013年02月28日 23:32
そんなことないよ!!

私は、メリーを亡くした時は、本当に急に体調がわるくなったから(すごく驚いたよ!!)、病院に連れて行きたかったけど、日が悪く、日曜日で病院は休み…電話したけど留守電でね(ToT)
 
 他に日曜日に空いてる病院探したけど、往診は初診だから駄目だと断られ…ゴールデンレトリバーで元々大きい身体だけど、わが子は甘やかしすぎて体重が50キロもあって、とても連れていけなくて…そんなこんなことをしていたら、息を引き取ってしまってね…。

苦しかっただろうに…ごめんね!!と何回も後悔したよ…。

だから、雫ちゃんは精一杯の事をしてあげて、すーたんには充分気持ちは伝わってるよ(*^。^*)
Posted by めぇちゃん at 2013年03月01日 17:22
なんと言っていいのかわかりません・・・
今朝、6年前に逝った子のことを思い出し思わず名前をよんでしまいました・・・
病院に連れていっても行かなかったとしても、最後を看取っても看取れなかったとしても・・・
何したって後悔や懺悔や自分を責める気持ちは果てしないです・・・
未だに「・・・ごめんね・・・」って思っています・・・
こんな私ですが、雫さんの心に寄り添いたいと思っています・・・
きっとたくさんの方がそんな気持ちだと思います・・・
すーたんのご冥福を祈っています・・・。
Posted by アイコのハハ at 2013年03月02日 18:32
めぇちゃん
いつか私が向こうに行った時、
「なんで置いていったにゃー」って怒ってくれたらいいなあと思ってる。
Posted by 雫 at 2013年03月03日 00:12
アイコのハハさん
本当にそうですね。ハルヒは看取ったけど、強制給餌中だったので、あの時無理に食べさせていなければ……と思ったし、後悔しない最期など滅多にないことなのですね。そして大事な子を亡くした誰もが抱えていることなのですね。
本当にありがとうございます。
Posted by 雫 at 2013年03月03日 00:21
メリーも怒ってるかも^_^;その前に飼ってたクロ子も!

いつかまた会えるよね(*^。^*)
Posted by めぇちゃん at 2013年03月03日 11:57
私も去っていった愛しい子たちのことを思い出します。いつも最高の笑顔が浮かびます。すーたんもきっと雫さんのそばに穏やかな姿でいますよ。
Posted by ごまふ at 2013年03月06日 20:29
大切にしていたからこそ、すごく辛いと思います。
ほんとに、辛いですよね。。。

何かを始めること、いいと思います。
でも焦らないで下さいね。
雫さんは雫さんの時間の経ち方があると思います。

すーたんはきっと雫さんと出会えて本当に良かったんだと思います。
ブログの記事を見てても、雫さんが本当に可愛がってるのがすごく伝わってました。
大切にしてくれてたからこそ、幸せだったと思います。
どうか気を落とさずに。
Posted by みっけ at 2013年03月08日 01:21
そうですね。生きていくことは辛いかもしれないけど。だけどそれ以上に喜びや楽しみがたくさんあるんですよね。
 雫さんは、これまで、ねこさんたちを十分思いやってあげたよ。
 さぁ、新しい一歩、マギさまと踏み出しましょう。添い遂げてあげてね。
Posted by プッカとタコ赤 at 2013年03月11日 19:04
お気持ちよくわかります!
私も2年前に愛しい子をなくしました。
亡くなった日の夜に病院にいこうねと行って会社に行ってかえってきたら亡くなってたんです。
午前中に休んで病院にいっていたら・・・
とかいろいろ考えました。
いっぱい泣きました。
ひとりぼっちで寂しい思いさせたこととか・・
でもどんなケースでも気持ちは通じていると
今は思えます!!!
大丈夫です
Posted by みっち at 2013年03月25日 21:38
めぇちゃん
きっと会えるよね〜。
Posted by 雫 at 2013年04月08日 23:14
ごまふさん
最近は思い出すとつらいので、あまり考えないようにしているのですが、普通に思い出せる日が早く来るといいなと思っています。
Posted by 雫 at 2013年04月08日 23:17
みっけさん
思い出しては泣くのがしんどくて、最近はブログも見ないようにしていたのですが、今日は普通に見ることができました。少しずつですね。
Posted by 雫 at 2013年04月08日 23:30
プッカとタコ赤さん
マギ様が膝に座りたい時とごはんの要求が分かるようになってきました。
マギ様に限らずすーたんもハルヒも手からだとごはんをよく食べてくれるのは嬉しいです。
Posted by 雫 at 2013年04月08日 23:57
みっちさん
私と逆の状態で同じようにつらいですね。どうしたって一緒にいてあげられなかった事がひっかかって。
いつか吹っ切れる時が来そうです。心強いです。ありがとうございます。
Posted by 雫 at 2013年04月09日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
exclamation記事で紹介している価格、住所等は掲載当時のものです。現在、閉店情報などの追記ができておりません。