2007年02月03日

恵方巻きの由来

Pehomakiy.JPG

今年も西宮阪神で恵方巻きを購入〜。
普通の玉子やかんぴょう・高野豆腐の太巻きでもいいのですが、海鮮ものが食べたくて探していたらみつけました!サーモンといくら親子巻き。イワシも太巻きで済ませてしまいました。イワシと生姜の巻き寿司美味しい♪これだとイワシヒイラギが作れないけど……。

恵方巻き、最近は関東でもやるようになったみたいで、よくニュースで由来を取り上げていますね。

諸説あるが、大阪の船場で商売繁盛の祈願をしていた。
「鬼に金棒」の金棒に見立てて、豆まきで追い出した鬼が落としていった金棒を体に取り入れる事で、無病息災・商売繁盛。
切らずに食べるのは、縁を切らない、お客が途切れない、など縁起をかつぐ。

などと言われますが、「大正初期に大阪の花街で節分にお新香を巻いた海苔巻を食べるという風習があった」ということまではあんまり言われませんね。

これが由来だとイメージが良くないのかなあ。花街の姐さん方が何に見立てて丸かぶりしていたか、大人には分っていただけるでしょうか。

あとは海苔の業界が仕掛け人で、最近全国へ広まったのはコンビニが仕掛けた、というわけですね。パン屋やケーキ屋も恵方ロールパンやら恵方ロールケーキを作っているのも楽しいですね。

お役にたてましたらbanner_04.gif人気blogランキングをクリックお願いします♪この他のおいしいお店は左のカテゴリから「おいしいもの」へどうぞ!
posted by 雫 at 23:01| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | おいしいもの・西宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 はじめまして、seesaaの新着記事を見てきました。

 恵方巻き、いろんな由来があるんですね!

食べ残しは、ハヒルにあげるのですか?~~旦_(^‥^=)~ イタダキマスニャ

写真見ました、チョーカワイイですね!!



Posted by ときさん at 2007年02月04日 00:14
雫様が文中で書いているように。
ロールケーキとか、最近見かけますね。

雫様のブログでは・・
密かにロールケーキの恵方巻きを期待していたんです・・・

恵方巻き。
関西の方に聞いても。子供の頃は知らなかったって人ばかりでして・・
こんな急に普及した風習も珍しいですよねぇ〜
Posted by 独裸絵悶 at 2007年02月04日 09:50
ときさん、はじめまして!
残さず人間が全部食べてしまいました〜(笑)。ありがとうございます♪
Posted by 雫 at 2007年02月04日 20:35
独裸絵悶さん
ピンとくる恵方ロールが見つからなかったので、今回はお寿司だけになりました。

海苔業界が宣伝しだしたのが1973〜77年頃らしいので、年齢によっては関西人でも子供の頃は知らないのでしょうね〜。
Posted by 雫 at 2007年02月04日 20:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
exclamation記事で紹介している価格、住所等は掲載当時のものです。現在、閉店情報などの追記ができておりません。