2006年07月26日

松原天神と染殿池

Psomedono1.JPG

昨日、一昨日と松原神社では天神祭がありました。去年と同じように、お店も並んでいました。その松原神社と向かいにある喜多向稲荷神社(写真)の染殿池についての伝承です。

高市黒人
「吾妹子に 猪名野は見せつ 名次山
  角(つぬ)の松原 いつか示さむ」

と万葉集に詠まれています。
「我が妻に猪名野は見せた。名次山や角の松原をいつか見せてあげたい」と言う程、松原は風光明媚な美しい場所だったと思われます。角は湊に突き出した砂嘴(さし・試験に出るどうでしょう…)のことで、昔この辺りが大きな入り江になっていたことも分かります。角は「津門(つと)」につながります。

Psomedono3.JPG

4世紀の頃、呉の国から綾(漢)織(あやはとり)、呉織(くれはとり)という二人の織姫が技術指導のために武庫の湊にむかえられた。ここの松の大木に船を寄せたことからその木を「漢織呉織の松」と呼び、そのかたわらの池で最初に染色し布を織ったという伝承から、この池を染殿池を呼ぶようになった。
池は子供が落ちたりしないように糸が張ってあります。

Psomedono2.JPG

染殿町、津門綾羽町、津門呉羽町という地名はこの伝承が由来です。比較的新しく付けられた地名で、明治以前の染殿町は「藪ノ内」と呼ばれていました。

その後夙川(今より東に蛇行していました)や東川の土砂で入り江は埋まり、津門の湊がさびれていくにつれ松原神社も衰退していきました。大宰府配流中の菅原道真公がこの地に仮泊し、美しい松原を眺めたという伝承から天神さまになりました。
その後漢織呉織の老松も枯れてしまいましたが、後継の松も育ちつつあるということです。

参考文献:「町名の話」山下忠男著

お役にたてましたらbanner_04.gif人気blogランキングをクリックお願いします♪他の西宮に関する記事は、左のカテゴリの「西宮語り」「西宮便利帳」へどうぞ!
posted by 雫 at 22:28| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 西宮語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
exclamation記事で紹介している価格、住所等は掲載当時のものです。現在、閉店情報などの追記ができておりません。