2006年05月09日

宇治 平等院

Pbyodoin1.JPG
宇治 平等院

伊藤久右衛門の茶房へ行ったついでで、平等院にも行きました。京都はいろいろな所を巡ってきましたが、宇治は初めてです。

Pbyodoin.JPG

南門から入りました。入り口横に綺麗な藤!

Pbyodoin3.JPG

Pbyodoin2.JPG

浄土院や最勝院、羅漢堂を眺めながら鳳凰堂の方へ歩いていくと、大きな藤棚!満開でした。

Pbyodoin4.JPG

お目当ての鳳凰堂です。中を見学するには追加料金が必要です。20分ごとにここを開けて50名ずつ入場していました。
現在平成の大修理中。国宝の本尊阿弥陀如来坐像は修理を終えて拝観できますが、天蓋などが修理中で観ることができません。

Pbyodoin6.JPG

平等院ミュージアム鳳翔館では出土したものや、雲中供養菩薩像、鳳凰などが展示されています。

Phouo.jpg

つまり今鳳凰堂の上にあるのはレプリカ。菩薩像や梵鐘も本物が展示されていました。解説もあるのでわかりやすいです。菩薩像はどれもこれも個性があって、ひとつずつ見ていくのが楽しい!

お土産物のコーナーが充実していました。菩薩像52躯を利用してトランプを作ったのはなかなかいい発想だ〜。ジョーカーは鳳凰。
鳳凰堂の宝相華模様のハンカチや、雲中ポストカード、イラストのしおりなど、なかなかセンスのいいものばかり。オフィシャルページで通販もできます。

パソコンで作られた当時の姿を再現したCGを見ることもできます。阿弥陀如来像のすべてが金色で、鮮やかな色彩だったことが分かりました。
平等院は今まで観てきた京都の寺社と比べて、全体的に近代化してるなーというイメージでした。

お役にたてましたらbanner_04.gif人気blogランキングをクリックお願いします♪この他の京阪神についての記事は左のカテゴリから「京阪神いろいろ」へどうぞ。
posted by 雫 at 21:38| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 京阪神語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は7日に宇治に行っていました。
母を乗せて車なのですが、駐車場がいっぱいで平等院にはいけませんでした。
車イスの人間を連れて・・・となると、混んでいない平日にでも行かないと無理みたいです。 
Posted by はんな at 2006年05月10日 00:21
はんなさん
私も今回は車だったのですが、駐車場がいっぱいでした。仕方がないので天ヶ瀬ダムの景色を観に行って、戻ってきたらたまたま空きがあって入ることができました。
車椅子用の駐車スペースがある場所でも普通の車両をとめてしまう人もいますし、こういうことはなかなか解消されないものなのでしょうか。
Posted by 雫 at 2006年05月10日 12:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

京都<藤>/平等院
Excerpt:  京都の実家で新聞に目を通していたら、宇治の平等院で藤が満開という記事を発見しました それではということで訪ねてみました 思い起こせば・・・平等院なんて遠い遠い昔、多分小学校の遠足かなんかで行った記憶..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-05-10 23:46
exclamation記事で紹介している価格、住所等は掲載当時のものです。現在、閉店情報などの追記ができておりません。