2009年05月28日

新型インフルエンザ自分的まとめ

Pansen.jpg

今日はマスク率が下がりましたね〜。電車の中でも2割くらいになったでしょうか。日々減ってます。マスクもお店でみかけるようになりました。私は身内がハイリスクなのでマスク続けますが。
今日、神戸市が「ひとまず安心」宣言をしました。西宮市も5月23日から感染者は発見されていません。
閉まっていたキオスクはわりと早く復活。お店にも人が戻ってきてる。飲食店だけちょっと厳しいかな。交通機関のマスク着用義務も解除

神戸市の安心・安全情報配信を登録しているのですが、今日、神戸市長からのメッセージが来ました。
休校措置を解除してから発見された感染者は一人。「ひとまず収まったものと思われます」。神戸まつりの開催も考えてるのかな?あとは第二波に備えると。

マスクに関しては数があってもダメだなーという事。
自分の顔にに合ったマスクじゃないと。お気に入りのマスクの箱が戻ってきたら買いだめしよう。
あと、メーカーや専門家はすすめませんが、アルコール消毒でウイルスは死滅するようです。ということで、今はアルコール消毒して干したのも再利用してます。

去年母が入院した時、感染症厳禁でマスクとかアルコール消毒に慣れっこになって、色々買っていたのが随分役にたちました。
インフルエンザって飛沫感染よりも接触感染の方が割合が高いんですね。
マスクもしておくと鼻や口を触らないので有効。同じ理由でメガネ、サングラスも有効。
外で何か触ったら手洗いと除菌、こまめにうがい。
鼻炎のせいで口呼吸する事が多い私の風邪予防は飴を舐めること。電車では飴とマスクでガードしてます。

Pansen2.jpg

JR三ノ宮駅で有馬瓦版をもらいました。芸妓さんかしら、着物のキレイどころにもらっちゃった。取材もくっついてますね。と思ったらもう神戸新聞に載ってた。

Pansen3.jpg

6月1日(月)〜5日(金)、温泉旅館の福袋!(要予約)1万2千円で鍵を選ぶ。どの旅館・ホテルかは運次第。宿泊プランは2万〜5万円相当!面白い!平日限りでなければ行くのに!
さくらやまなみバスも有馬に行くし、西宮からなら電車で行くより安いんですよね〜。
期間中は金の湯・銀の湯も無料、露店やお土産やさん、招福市を開催。飲食店もブタメニューを特別サービス!行きたい……。よそからお客さん来ないなら、周辺住民が行けばいいんだよね。



独裸絵悶さんが高齢者が抗体を持っているならば、なぜ季節性インフルエンザの死者は高齢者が多いのか?と書かれていたので、新型はともかく確かに不思議だと思って、以下はインフルエンザ関連の文献を検索しまくって分かったことと考えたこと。自分用覚え書き兼ねてるので、私の意見と文献とごたまぜです。何かその文献が覆るような新事実があれば今後訂正するかも。


鳥インフルエンザ用マニュアルで対応したのに、役に立たないことを露呈してしまいました。病院のベッドが50床ほど?強毒性だったら焼け石に水じゃないですか。
恨んでいる人もいるかもしれないけど、最初の感染者を見つけた神戸のお医者さんは正しかったと思う。最初は季節性インフルエンザと判断したけど、「この子は去年予防注射したのに」と不思議に思い、念のために検査に出したそうです。
ただ経済的には大きな打撃を受けました。関東のように海外渡航者以外検査はしない方針が良かったのか、これに関しては分からない。この経験を無駄にしないようにできたらいいと思う。


大体わかってきたのは、感染者・その濃厚接触者と密室で長時間一緒にすごす事によって感染する?
通学のバスなど。それでも感染しない大人も多い。普通に町を歩いてるだけで感染するとか有り得ない。

このインフルエンザも数年後には季節性インフルエンザの扱いになっている。
今までにパンデミックになったインフルエンザに強毒化したものはない。(今後もないとは言えない)
スペイン風邪は違うのか。強毒よりも弱毒の方が生き残って広まりやすいのは理解できるんだけど。強毒だと宿主が死んでしまって広まらない。

新型が若年層に流行するのは当たり前のことで、長く生きている人がそのウイルスに近い抗体を持っている可能性は高い。
それが季節性になった時には、たまたま抗体を持っておらず抵抗力の弱い高齢者が多く亡くなるために高齢者がたくさん亡くなるように見えてくる。そんなもんかな。
インフルエンザワクチンは不活性化のため、効力は半年ほど。
咳してるおっさんに限ってマスクはしない。

埼玉の人は大阪帰りだったので新型の検査をしてもらえましたが、やはりもっといっぱい感染者はいるんでしょうね。
潜伏期間を考えれば関西旅行前に感染していた疑いの方が強いとの専門家の意見。

医者と厚労省の間には壁があると思いました。
医師や看護師がが新型にかかって医院をしめた場合も補償はできないとかね。ようやくちょっと考えると発表があったけど。
医者の間では簡易キットで感染初期は陰性になるのは分かりきっていたことで、「水際で食い止めるとか何言ってんのw」みたいな反応(^^;
検疫官も怒ってますねえ。パフォーマンスに付き合わされたって。

米疾病対策センター、「新型インフルエンザは数年前から蔓延していた可能性もある」。

読んでおくと役に立つかもリンク
「一般医療機関における新型インフルエンザへの対応について」社団法人日本感染症学会緊急提言(PDF)
やはり新型ではなかった、今回のH1N1新型インフルエンザ・ウイルス
【パンデミック】新型インフルエンザ(H1N1)感染爆発への対応と最新情報
インフルエンザ様疾患発生報告(学校欠席者数)

お役にたてましたらbanner_04.gif人気blogランキングをクリックお願いします♪この他の京阪神についての記事は左のカテゴリから「京阪神語り」へどうぞ。
posted by 雫 at 23:59| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 京阪神語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回の事件。
色々と考えさせられる事が多い事件でした。
会社にとっても、危機管理が問われたり・・

現実に仕事に影響も発生して・・
お陰で海外出張が延期状態なのは。。良い事なのか。悪い事なのか・・

遺伝子が変異するA型で1957年生まれ以前の方に抗体が・・
遺伝子が同じインフルエンザが流行したって事なんでしょうかねぇ〜。同じA型のソ連型や香港型が毎年流行する理由が・・・
いまだに、納得できていない。私です。
Posted by 独裸絵悶 at 2009年05月31日 23:13
独裸絵悶さん
会社はさほどインフルエンザに影響は受けていない業種ですが、得意先は影響を受けてたりします。長引けば大変なことになっていたかもしれません。

色々読んだけど、自分でもいまひとつまだ理解できていなくて書かなかった部分もあります。
同じH1N1でもソ連AとはNの部分が違って形が違うとか、A型は亜種も多くて、形が違うので他の亜種の抗体にはならないとか。スペイン風邪もH1N1だった。ただC型は一度罹患すると一生ものの抗体ができる。
と、調べたところであまり解決にならず……。
Posted by 雫 at 2009年06月01日 01:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
exclamation記事で紹介している価格、住所等は掲載当時のものです。現在、閉店情報などの追記ができておりません。