2008年08月14日

須磨海浜水族園 その3

Psumasui18.jpg
須磨海浜水族園 その3

神戸市須磨区若宮町1-3-5

ラッコ館ではラッコのお食事タイム。飼育員さんのとこにもらいに行く姿がかわいい。十重二十重に囲む見物客の隙間から、なんとか撮りました。

Psumasui19.jpg

アオウミガメです。
私の卒論のテーマはウミガメだったんです。ゼミで一番にも選ばれたので、ウミガメは可愛くて仕方がないのです。

Psumasui20.jpg

世界のさかな館ではロングノーズガーが。
アメリカからもらった親が国内唯一の繁殖例。須磨生まれの31歳ですって。長く生きるもんだなあ。鼻が長いだけに?でも私が観に行った頃にはいなかったかな。

Psumasui22.jpg

ニシキゴイ。
ニシキゴイは日本製。海外との交換に、ニシキゴイを欲しがられることが多いそうです。きれいだもんね。

Psumasui23.jpg

アマガエル。国際カエル年ということで、森の水槽北館にカエルに関する展示コーナーがありました。
小さくてかわいい。昔実家の庭にもアマガエルが住み着いたことがあって、母が「ぴょんやん」と名付けていました。冬に庭掃除をしていて、うっかり冬眠中のぴょんやんを掘り起こしてしまったこともあった……。

Psumasui24.jpg

小さく遊園地コーナーもあります。

Psumasui25.jpg

その遊園地コーナーの一角にあるペンギンコーナー。ぼんやり立ったり泳いだり。お盆休み中はペンギンのおさんぽは中止です。

餌やりイベントなどはしっかり時間を確認していくといいです。早めに行かないと人でいっぱいになっちゃいます。
次が最後でイルカショー。その1はこちら、その2はこちら

お役にたてましたらbanner_04.gif人気blogランキングをクリックお願いします♪この他の京阪神についての記事は左のカテゴリから「京阪神語り」へどうぞ。
posted by 雫 at 23:01| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京阪神語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
exclamation記事で紹介している価格、住所等は掲載当時のものです。現在、閉店情報などの追記ができておりません。