2008年06月18日

復活、明治のあんぱん 八天堂の酒種あんぱん

Phatendo.JPG
復活、明治のあんぱん 八天堂の酒種あんぱん

広島県三原市のパン屋さんが、明治時代のあんぱんを再現しました。当時はイースト菌のかわりに酒粕を使っていたそうです。いつもあるわけじゃないみたいですが、マルナカで買いました。

Phatendo2.JPG

大きさも見た目もおまんじゅうみたい。でも食べてみると確かにパンだ!お酒の香りがふんわりします。地元の食材を使用した無添加のパンです。

お役にたてましたらbanner_04.gif人気blogランキングをクリックお願いします♪この他のおいしいお店は左のカテゴリから「おいしいもの」「おいしい店リスト」へどうぞ!
posted by 雫 at 22:04| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 全国おいしいものめぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マルナカって岡山と四国が地場
だから、関西では見かけない食品とかがあったりしますよね。
探すのも面白いです。

広島のお酒
確か広島は軟水なので甘口のお酒になるとか
灘は硬水なので辛口になるとか
そんな事を聞いた記憶があります
パンにも関係するのかなぁ〜


Posted by 独裸絵悶 at 2008年06月18日 23:03
独裸絵悶さん
マルナカは色々変わったものを買っちゃいそうになるので危険なんですよねえ……(^^;

確かに灘は辛口ばかりですねえ。広島なら賀茂鶴が好きです。
調べてみたら菓子パンは軟水がいいとか、バゲットは硬水がいいとか、あるみたいですね。
Posted by 雫 at 2008年06月19日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
exclamation記事で紹介している価格、住所等は掲載当時のものです。現在、閉店情報などの追記ができておりません。